ベンゾケースジャパン評註 金納雅彦

michael-medium.jpg
睡眠薬や抗不安薬として処方されるベンゾジアゼピン通称ベンゾの恐ろしさを訴えたウェイン・ダグラスさんのベンゾケースジャパンから重要な部分を抜粋します。

西洋において何の理由もなくベンゾの使用量が激減しているのではありません。恐ろしい理由があるからこそベンゾの使用量が激減しているのです。

キャメロン英国前首相 2013年10月23日 
「このベンゾジアゼピン処方依存の問題は深刻である。ベンゾジアゼピン依存に苦しむ人は通常の薬物中毒者とは異なり、医師が繰り返し処方する安定剤で中毒になってしまったのだ」

英国の前首相が、このような演説をしているのに日本では一切報道されません。マスコミは何をしているのでしょうか。いったい何を恐れているのでしょう。怖くないものを怖がっているのでしょうか。圧力をかける者がいるのなら公表しなければなりません。

マルコム・レイダー ロンドン大学精神医学研究所名誉教授
1978年、レイダー教授はベンゾジアゼピン系薬剤のことを、その非常に高い処方率から「大衆のアヘン」と呼びました。そして1981年には「現在蔓延しつつある流行病が存在する」と警告し、1988年には「これは、20世紀後半において医療によってもたらされた最も甚大な問題である」とも述べています。

もはや21世紀になって17年、ベンゾによる死亡者数被害者数は計り知れず、あまりにも甚大です。日本だけでも太平洋戦争が何度も起きています。

バーノン・コールマン医師 薬という神話 1992年
「ベンゾジアゼピン系薬剤はおそらく、これまでで最も中毒性の高い薬物であろう。これらの薬を大量に処方してきた途方もなく大勢の熱狂的な医師達が、世界最大の薬物中毒問題を引き起こしてきたのだ」

医師には学校で習ったことだけではなく、ベンゾの歴史や海外の情勢まで勉強してほしいものです。

ベンゾによって死亡したと判明している海外の主な有名人

        エルビス・プレスリー
        
        マイケル・ジャクソン

        ホイットニー・ヒューストン

        ポーラ・イエーツ

        ヒース・レジャー

        ブリタニー・マーフィ

        エイミー・ワインハウス

        アダム・ゴールドスタイン

        アンナ・ニコル・スミス

        マーゴ・ヘミングウェイ

        ドン・シンプソン

        デビット・フォスター・ウォレス

もちろん有名人だけがベンゾを服用するわけではありません。これを一般人にあてはめると、その死亡者数は何百万人どころの話ではありません。日本では1000万人以上が死亡している可能性があります。

ベンゾを長期服用する人の半数に副作用ならぬ禁断症状が起きます。これはまさに地獄の苦しみであり、禁断症状の発作で死亡する人もいれば、苦しみに耐えられず自殺をする人、働けなくなり飢え死にする人、事故や事件を起こし死亡する人もいます。

ベンゾによって死亡した人は、ベンゾでは死なないという前提で検死をされるため、死亡原因が不明になったり他の原因にされてしまいます。うつ病患者は、うつ病の悪化のせいにされ、高齢者は寿命のせいにされ、太っている人はドーナツの食いすぎのせいにされ、火傷をしたことがある人は痛み止めのせいにされ、酒を飲む人は酒のせいにされ、飢え死にした人は不況のせいにされ、事故を起こした人は不注意のせいにされ、事件を起こした人は性格のせいにされます。

ヘザー・アシュトン医学博士、名誉教授 
「長期服用者のうち15%の人たちに、離脱症状が数ヶ月あるいは数年持続することがある。中には慢性使用の結果、長期に及ぶ障害が引き起こされる場合もあり、これは永続的障害である可能性がある」

15%は重篤な場合であり、離脱症状とは禁断症状のことです。

「離脱症状は何ヶ月も何年も続くことがあります。自分で一度経験すると、たとえどんなに憎たらしい敵にでも、それを押し付ける気にはなれないでしょう!」
「ベンゾジアゼピン離脱は深刻な疾患である。患者はたいてい恐怖に怯え、しばしば激しい痛みにさらされ、偽りなく疲弊し切っている。この疾患の激しさや持続期間は医療従事者や看護師から過小評価されやすく、彼らは禁断症状を神経症によるものと簡単に片付けようとする傾向がある。実際は、患者に落ち度はないにもかかわらず、彼らは多大な心身の苦痛に悩まされている」

私も瀕死の状態で入院しようとしましたが「たいしたことはない。自宅で治すように」と追い返されました。ほとんど歩けなかったのですが、病院の車で追い返されました。殺されると思いました。

ジェレミー・ローランス ジャーナリスト インディペンデント紙2002年4月17日
「薬があれば、製薬会社はそれを使える病気を見つける」

マーシャ・エンジェル医師 医学専門誌ニューイングランドジャーナルオブメディシン元編集長
「製薬会社に対して、彼らの製造する薬について公正な評価を期待することは、ビール会社にアルコール依存に関する教えを期待するのと同じようなものである」

人命とお金を天秤にかけるのはやめましょう。

フィリップ・ウーランス下院議員 英国下院副議長 2004年2月12日
「我々の社会において、ベンゾは他の何よりも苦痛を増し、より不幸にし、より多くの損害をもたらす」

デイビット・ブランケット 英国下院議員 1994年2月24日
「これは国家的スキャンダルである!」

ベンゾの危険性を知りながら容認する権力者がいるなら、まさに国家的スキャンダルです。

ポール・ボールデン 英国下院議員 1994年
「この気の毒な問題に取り組む全ての関係者は、トランキライザー被害者のために正義を提供するように努めるべきである」

トランキライザーとはベンゾのことです。今、日本の正義が試されています。

アルバート・アインシュタイン
「世界を破壊するのは邪悪な者達ではなく、それを何もせず見守る者達だ」

傍観者にならぬように努力しましょう。人間の生み出したものは全て間違っている可能性があります。ひとつの考え方に固執するのはやめましょう。

睡眠薬は人類を2回だました 金納雅彦

睡眠薬ベンゾジアゼピンは一度に大量に飲んでも死なないので安全であると人類をだましました。さらに長期服用者のうち半数の人が大丈夫なので安全であると再び人類をだましました。そして40年以上の間、残りの半数の人がどうなったのか詳しく調べられることはありませんでした。

しかし、イギリスで行われた長期にわたる詳しい臨床試験の結果、半数の人に耐え難い副作用ならぬ禁断症状が起き自殺者まで出てしまいます。睡眠薬ベンゾジアゼピンは我々の見えないところで恐ろしい牙をむいているのです。

日本では1000万人近い人にベンゾジアゼピンが処方されるのを考えると、その死亡者数被害者数は計り知れず、あまりにも甚大です。これは間違いなく史上最大の薬害問題なのです。

睡眠薬に怒りを! 金納雅彦

990_20170127160521891.jpg
日本で睡眠薬ベンゾジアゼピンの禁断症状によって死亡する人は毎年数十万人。苦しみに耐えながら生死をさまよっている人は数百万人。しかもそれが40年以上続いています。またもや経験的な知恵を無視する西洋医学によってもたらされた史上最大の薬害問題です。

孫子の兵法では利あらざれば動かずということで何も考えず怒りに任せて戦ってはいけないと教えます。しかし、このようなひどい事が起きているのに全く怒らない人達を孫子の兵法では烏合の衆あるいは傍観者あるいはアホウドリと呼びます。

恐ろしいベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピンを野放しにすれば、他の安全な薬まで危険だと疑われてしまうことでしょう。

睡眠薬は脚気の二の舞 金納雅彦

990_20170127160521891.jpg
1980年代、イギリスにおいてベンゾジアゼピンつまり医師が処方するほとんどの睡眠薬は、重大な副作用や依存性があるとして、14000人の患者と1800の法律事務所が製薬会社を相手に史上最大の集団訴訟を行いました。結果は疑わしきは罰せずなのか、原告側の敗訴になってしまいます。もちろん金がらみで大きな圧力があったのかもしれません。

しかし、14000人もの患者の訴えを無視できなかったのでしょう。1988年に英国医薬品安全委員会は「ベンゾジアゼピンは、うつの症状のある人においては自殺を引き起こすことがある」という勧告を出します。精神的に健康な人が睡眠薬を飲むことは少ないので、睡眠薬を飲む多くの人が自殺に追い込まれる危険があるということです。

間違いなく睡眠薬を服用すると麻薬と同じように禁断症状が起きます。睡眠薬を服用する人の半数に禁断症状が起き、ヘロインの禁断症状が1週間ほどで終わるのに、睡眠薬の禁断症状は何年も続くことがあります。もちろん睡眠薬の禁断症状は服用してすぐに起こるものではなく、一度に大量に服用して起こるものでもありません。医師の処方どうりに一ヶ月以上睡眠薬を服用して体に耐性ができた時、丁度睡眠薬を減らした時と同じ状態になり、ある日突然いつでも禁断症状は起きてしまうのです。

睡眠薬の禁断症状は、ある日突然起こるので、本人もなぜ体調が悪いのかわかりません。消去法でよくよく考えて、やっと睡眠薬が原因ではないかと、たどり着くのです。もちろん間違えて他の原因だと思ってしまうかもしれません。禁断症状を治すには処方以上の睡眠薬を飲まなければなりませんが、医師は処方以上の睡眠薬は出しません。すると患者は、いつ終わるか知れない禁断症状に耐え続けなければならないのです。

話は変わって、明治政府は根本理念である孫子の兵法の「敵を知り己を知れ」にもとづき和魂洋才を国民に訴えました。もちろん西洋の長所だけを取り入れろという意味なのですが、これを勘違いした多くの人が西洋の長所も短所も取り入れ洋魂洋才になってしまいます。医療も西洋医学が取り入れられ、これまでの漢方を排斥してしまいます。

江戸時代、脚気は漢方によって経験的に白米が原因であり、麦飯、蕎麦、小豆などを食べれば治ると知られていました。しかし、西洋医学は経験的な知恵に頼る漢方をただの迷信だとして否定してしまいます。そのため明治時代は脚気が大流行してしまいます。毎年、数万人の脚気による死亡者が何十年にも渡って続きます。日清日露の戦争で多くの陸軍兵士が脚気によって死亡したことは有名です。

脚気は結核とともに明治時代の二大国民病と呼ばれました。確かに結核は細菌が原因だったので、西洋医学が多くの人の命を救いました。しかし、脚気においては西洋医学が多くの人の命を奪ってしまいました。西洋医学は理論に固執するあまり経験的な知恵を否定してしまいます。経験的な知恵を否定することは、患者の声や臨床試験の結果まで否定することになりかねません。経験や実践を伴わない理論は一方的な理論であり机上の空論です。大きな間違いを何度も繰り返してしまいます。

西洋医学は大きな間違いを何度も繰り返し、なかなかその間違いを認めませんでした。認めたとしても仕方がないと反省もしません。まるでファシズムか玉砕戦法のようです。漢方も経験だけに頼り理論的に考えることをしないと、結核のように治せる病気も治せなくなってしまいます。理論も経験も両立しなければなりません。西洋医学も漢方もお互いの長所を尊重し自らの短所を改めなければならないという見本のような話です。

明治天皇は、孫子の兵法に傾倒する明治の元勲達を見習われたのか洋魂洋才にはなりませんでした。白米か麦飯か散々迷われ麦飯を食べることにして脚気にならずにすんだそうです。鈴木梅太郎の発見によって脚気の原因が白米だとわかっても、やはり麦飯はまずいということで、大正時代再び脚気が大流行してしまいます。江戸時代のように蕎麦や小豆を食べるように推奨すれば良かったのかもしれません。

さて、睡眠薬ですが、睡眠薬も脚気の二の舞になっています。西洋医学は理論に固執し経験的なものを否定するため、患者の声や臨床試験の結果を軽視してきました。睡眠薬の禁断症状によって行動力を失われた患者が必死に被害を訴えても、医師達は睡眠薬が悪いのではなく患者の方に問題があるのだと、まるでいじめを正当化する子供の言い訳のようなことを何十年間も言い続けてきたのです。

睡眠薬の臨床試験も健康な人だけで行われたり、一ヶ月以上のものでなかったりと真面目な臨床試験は行われません。イギリスで行われた真面目な複数の臨床試験では自殺者が出ています。しかし、経験的なものを否定する西洋医学は何人自殺者が出ても睡眠薬が原因ではなく精神的な病気が原因だと無視してしまうのです。

医師が処方するほとんどの睡眠薬つまりベンゾジアゼピン通称ベンゾは、日本では600万人以上に処方されます。抗不安薬、抗精神病薬にもベンゾは含まれており、1000万人近い人にベンゾが処方されます。100人の臨床試験で1人でも自殺者が出れば、日本全体では10万人の自殺者が出ることになります。

睡眠薬の禁断症状は苦しかったり、だるかったり、食欲不振、排便困難、歩行困難、ストレス病の悪化、頭痛、重度の不眠症など数多くの種類があり、起こる症状は人によって様々です。中には心臓発作など死亡してしまう症状もあります。睡眠薬をやめるには、2~3ヶ月をかけて錠剤を少しづつハサミで切りながら減薬するという大変な作業が必要ですが、少しづつ減薬しても禁断症状は起き、断薬した後も禁断症状がいつまで続くかわかりません。

睡眠薬を医師の処方どうりに一ヶ月以上服用する人の半数に禁断症状が起こるのですが、何十年も睡眠薬を服用して禁断症状が起きない人もいます。そういう人もいつか耐性がついてしまうと重度の不眠症などの禁断症状に苦しむことになります。睡眠薬の副作用と言われてきたものは、全て禁断症状だったようです。

ベンゾケースジャパンを検索すると、睡眠薬で死亡したと思われる海外の十数人の有名人が載っています。中にはエルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンの名もあります。マイケル・ジャクソンは海外では麻酔薬とベンゾジアゼピンの常用で死亡したと報道されました。しかし、日本だけは痛み止めの常用で死亡したと報道されました。さらに10年程前からイギリス議会で追及されるようになって、西洋諸国ではベンゾジアゼピンの使用量は激減しているのに、日本には何の情報も入ってきません。

もし、製薬会社などが政治やマスコミに圧力をかけ時代錯誤の報道管制を布いているのであれば、とても許されることではありません。イギリス議会で使われた言葉ですが、まさに国家的スキャンダルです。製薬会社は信用が命です。目先の利益だけを見て馬鹿なことをすれば、墓穴を掘るだけです。ベンゾの使用量が激減して、どれだけの損失になるか、どれだけの失業者が出るか知りませんが、人をだまして薬に依存させ苦しめ殺してしまうというのは、絶対に許されることではありません。歴史に残る万死に値する罪です。

日本の有名人で睡眠薬で死亡したと思われる人を少し調べてみました。すると簡単に5人の名が出てきました。飯島愛さん、中川一郎氏、その長男中川昭一氏、田中角栄氏、萩原流行さん、いずれも原因不明の死とされ様々な情報が流れました。そして、医師の処方どうりに睡眠薬を服用していたことも共通しています。萩原流行さんの場合、検死の結果原因がわかりませんでした。交通事故が原因なら簡単にわかると思うのですが、そうすると睡眠薬が原因という可能性が出てきます。睡眠薬は就寝前に服用していたので事故とは関係ないという話がありますが、睡眠薬の禁断症状は体に耐性がついた時いつでも突然起こるもので、本人もなぜ苦しいのかわかりません。禁断症状には心臓発作などの死亡してしまう症状もあり、それなら検死の結果原因不明というのも説明がつきます。

誰もが知っている日本の有名人は多くても数百人でしょう。有名人の数を130人にすると5人死亡すれば日本全体で500万人が睡眠薬で死亡することになります。有名人の数を1300人にしても50万人が死亡することになります。日本で睡眠薬を処方されるのは600万人以上、ベンゾを処方されるのは1000万人。そのうち半数に禁断症状が起こるのですから、何百万人もの人に禁断症状が起こり、なぜ苦しいのかわけがわからず、睡眠薬が原因だとわかっても誰も相手にしてくれず、ただ苦しみに耐え泣き寝入りするしかありません。いや寝ることさえできないのです。
その中には苦しみに耐えられず自殺をする人、働けなくなり飢え死にする人、禁断症状そのもので病死する人などを合わせると毎年何万人どころか何十万人の人が死亡している可能性があります。これが紛れもない現実なのです。

日本以外のアジア諸国はどうなのでしょう。日本以外のアジア諸国は経験を重要視する漢方などを尊重しています。すでに睡眠薬の歴史などを調べ、これは危険な薬だと直感しているのかもしれません。一番使用量の多い国は韓国で、それでも日本の20分の1なのです。洋魂洋才になった日本は世界から取り残された唯一のベンゾ後進国ということになります。日本人が外国に行けば、きっと後ろ指を差されることでしょう。

睡眠薬は大衆のアヘン 金納雅彦

9784434117169.jpg
イギリスでは、ベンゾジアゼピンつまり医師が処方するほとんどの睡眠薬は大衆のアヘンと言われています。ヘロインよりも依存性があり、ヘロインの禁断症状が1週間程で終わるのに、ベンゾジアゼピン通称ベンゾの禁断症状は何年も続くことがあります。睡眠薬の禁断症状は自殺を引き起こすほど強烈なので、一般的には離脱症状呼ばれますが、ここでは禁断症状と呼ぶことにします。

イギリスのキャメロン前首相は「このベンゾジアゼピン処方依存の問題は深刻である。ベンゾジアゼピンの依存に苦しむ人は、通常の薬物中毒者とは異なり、医師が繰り返し処方する安定剤で中毒になってしまったのだ」と演説しました。

日本では、600万人以上に睡眠薬が処方されます。抗不安薬、抗精神病薬等にもベンゾは含まれており、もっと多くの人がベンゾを処方されています。そのうち半数の人に禁断症状が起こり、苦しみに耐えられず自殺をする人、働けなくなり飢え死にする人、禁断症状そのもので病死する人などを合わせると、その死亡者数は年間何万人どころか何十万人になる恐れがあります。禁断症状が起こらない人も常用により耐性がついてしまうと重度の不眠症に苦しむことになります。

まさにベンゾジアゼピンは、我々が何十年も抱えてきた世界最大史上最大の薬害問題なのです。

睡眠薬によって死亡する人は、変死になったり他の病気や原因にされたりするので、なかなか表に出てきません。今は睡眠薬によって死亡したとわかっているエルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンも初めは他の病気や原因が噂されました。こういう情報はなぜか日本には入ってきません。大きな圧力でもあるのでしょうか。日本でも睡眠薬によって死亡したと思われる有名人は多いのです。よく睡眠薬と酒の併用はいけないと言いますが、成人で酒を飲まない人は少ないので、睡眠薬を守ろうとする人の言い訳のような気もします。

ベンゾケースジャパンをネットで検索して下さい。そこにはベンゾジアゼピンに関する驚くべき真実が書かれています。これを書いたのは、ニュージーランド人のウェイン・ダグラスさんです。彼は日本でベンゾによって、ひどい仕打ちに会いながらも、日本のベンゾに苦しむ人々、つまりベンゾ難民を救おうと尽力されています。最新の西洋事情を知らされず、世界から取り残され落とし穴に落ちてしまった最低最悪のベンゾ後進国日本を助けようとしているのです。

どこの国でもベンゾによる利益を守ろうとする製薬会社や医療関係者の圧力がありました。ベンゾケースジャパンにはアインシュタインの言葉が載っています。「世界を破壊するのは邪悪な者達ではなく、何もせず彼らを見守る者達だ」無理なことをしろとは言いませんが、できることを見つけてやって下さい。

孫子の兵法の「敵を知り己を知れ」イギリスは敵ではありませんが、全てを知った上で行動しなければ、日本は井の中の蛙になってしまいます。

日本の政府もイギリスに見習い英断を下す絶好の機会です。野党も与党を追及する千載一遇の機会なのです。



プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして十数年前に明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
カテゴリ 古い順
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
カウンター