FC2ブログ

大怪獣バラン 金納雅彦

「大怪獣バラン」は円谷さんの名作怪獣映画の中で知られていない作品でした。ビデオ化も一番最後でビデオ化されないという噂までありました。しかしビデオ化されると沢山売れたのでDVD化は迷わず行われました。「大怪獣バラン」は昭和33年制作です。私の生まれた年です。余計でした。前年の「地球防衛軍」はカラー作品だったのに「大怪獣バラン」は白黒作品です。アメリカのテレビ作品として作られたからです。しかしその話はキャンセルされ映画館で上映されることになります。日本でも映画館で白黒ワイド作品として上映されます。複雑な事情を持った映画ですが、例のごとくアメリカ版はアメリカの監督が勝手に編集し直し、新しいシーンをつけたし作ってあるそうです。さらに伊福部昭さんがアメリカ版のために音楽を作ってあるにもかかわらず伊福部さんの曲はほとんど使われていないそうです。輸入盤専門の店に行けば手に入るようですが観たくはありません。円谷さん、本多さん、伊福部さんの名誉のため、もしそんなものが落ちていたら踏んでしまうつもりです。前の記事に書いたように「大怪獣バラン」は円谷さんの作品で自衛隊が協力してくれた最後の映画です。ミニチュアワークと自衛隊の実写がうまく編集されています。よく見ればミニチュアか実写かわかります。逆に言えばよく見なければわかりません。あら捜しなどせず素直に観るのが通というものです。ミニチュアとわかっても、どうやって制作したのか驚かせることもひとつの芸術なのです。実写と思ったらミニチュアだったり、ミニチュアと思ったら実写だったりすると、まるで別世界を観るようです。長く雪景色を見てない人が雪景色を見ると別世界を見るようで感動することがあります。別世界を見せるのもひとつの芸術なのです。
画像 158
東宝映画の冒頭の東宝マークの映像は円谷さんが作ったものです。後光がゆっくりと回る映像はどこのものより神秘的で気品があると思うのですが「大怪獣バラン」では違う映像です。この後字幕とともに伊福部さんの重厚で迫力のあるバランのテーマ曲が流れるのですが、お釈迦様の言葉サンスクリット語のコーラスが入っています。お釈迦様を守る鬼神という設定なのでしょうか。私が「大怪獣バラン」を観たのは大人になってオールナイトの映画館でが初めてです。小さい頃はノートの表紙にバランと石仏がいっしょに写っていたのを憶えています。

なぜかロケット 金納雅彦

246_20131030010510a8b.jpg
これは「大怪獣バラン」という映画です。
245_2013103001050896c.jpg
しかし、なぜかロケットの打ち上げシーン。
244_20131030010507891.jpg
そして、アナログな計器類。
243_20131030010505cd5.jpg
いよいよ打ち上げです。
242_20131030010504001.jpg
音楽は伊福部昭さんですが、伊福部さんはこの映画に力を入れて作っているようです。
241_20131030014257f13.jpg
このロケット打ち上げシーンも迫力ある音楽が使われています。
240_20131030014256d10.jpg
いまや宇宙時代、宇宙旅行も夢ではない。しかし、地球にもまだ数々の謎が残されているという強引なナレーション。
239_20131030014255056.jpg
どうやら翌年の昭和34年に作られた「宇宙大戦争」に出てくるスピップ号打ち上げシーンの予行演習だったようです。

アカボシウスバシロチョウ 金納雅彦

238_20131102022155ae2.jpg
東京大学?
237_20131102022154e2f.jpg
ここに杉本博士の研究所があります。
236_20131102022152f17.jpg
杉本博士は他の出演者と話しているわけではありません。
235_20131102022150457.jpg
なんと我々観客に対して話しているのです。
234_20131102022149a3f.jpg
子供の夏休みの宿題でアカボシウスバシロチョウという非情に珍しい蝶が見つかったと言っています。
233_20131102023428c72.jpg
シベリアにしかいない珍しい蝶だと言う杉本博士。
232_20131102023426ca6.jpg
早速、杉本研究所の所員を二人現場へ向かわせたと言っています。
231_20131102023425d5c.jpg
場所は東北地方、北上川の上流です。
230_20131102023423546.jpg
日本のチベットと呼ばれる秘境なのですが、当初チベットという言葉が差別用語として消去されていました。しかし、チベットはシャングリラという理想郷があると言われている所です。チベットを差別用語にするのは大変失礼ではないかと思います。
229_20131102023422c8d.jpg
ジープで現地へ向かう杉本研究所所員の二人。

バラダギ山神 金納雅彦

228_20131106023335e3c.jpg
東北地方北上川上流へ向かうジープ。
227_201311060233337db.jpg
ジープに乗っているのは杉本研究所所員の新庄と河田。
226_201311060233318a6.jpg
岩屋村が見えてきました。
225_20131106023330174.jpg
岩屋村の村人たち。
224_20131106023328903.jpg
村人たちに挨拶をする新庄と河田。
223_201311060249142a7.jpg
しかし、村人たちは完全無視。
222_201311060249137c7.jpg
文句を言う河田に仕方がないと苦笑いの新庄。
221_20131106024911f3e.jpg
傍にバラダギ山神と書かれた石碑と後方には巨大な石仏。
220_2013110602491071f.jpg
岩屋村を後にする新庄と河田のジープ。
219_201311060249090a8.jpg
ジープはさらに山奥へ進んでいきます。

謎の遭難 金納雅彦

218_20131110004333857.jpg
アカボシウスバシロチョウを求めて山奥へ進む新庄と河田。
217_20131110004331fcd.jpg
湖が見えてきました。
216_2013111000433075e.jpg
不思議な湖に驚く二人。
215_201311100043289fd.jpg
突然、雷のような音がして急停車するジープ。
214_20131110004327514.jpg
新庄が何か見つけたようです。
213_20131110005506329.jpg
アカボシウスバシロチョウです。
212_20131110005505545.jpg
捕まえようとする新庄。
211_201311100055036be.jpg
アカボシウスバシロチョウを捕まえて喜ぶ二人。
210_20131110005502e1c.jpg
やがて、大きな鳴き声のような音が聞こえます。
209_20131110005500664.jpg
山肌に映る巨大な影。
208_20131110010459abc.jpg
何かを見て叫び声を上げる二人。
207_201311100104586e3.jpg
崩れ落ちる岩石。
206_20131110010456900.jpg
新庄と河田の二人は原因不明で死亡します。新聞にはバラダギの怒りではないかと書かれています。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
つよさゲッター
呉越の戦い
ローマ帝国宣伝マン
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運