FC2ブログ

サンダ対ガイラ 金納雅彦

昭和41年の「サンダ対ガイラ」は一年前に作られた「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」略して「フラバラ」の続編です。出演者や設定が違うので姉妹作と言った方がいいでしょう。設定で違うのはフランケンシュタインが「フラバラ」では一応人間として描かれ「サンダ対ガイラ」では怪獣扱いされていることです。人権問題?
「フラバラ」ではナチスドイツが不死身の兵隊を作るためのフランケンシュタインの心臓を潜水艦で日本に持ち込みます。それが広島の原爆に遭遇し行方不明になります。十数年後、一人の浮浪児を調べてみるとフランケンシュタインの心臓が成長したものだとわかります。そして放射能の影響で浮浪児はどんどん巨大化し富士山麓で怪獣と戦い死んでしまいます。その姉妹作が「サンダ対ガイラ」なのです。
「サンダ対ガイラ」に出演したスチュアート博士役のラス・タンブリンは「ウエストサイドストーリー」等で知られる有名なハリウッドスターですが、日本の怪獣映画を馬鹿にしていたらしく「サンダ対ガイラ」に出演した後一度もこの映画を観ることはありませんでした。しかし2004年にアメリカでアメリカのゴジラファンに招待され「サンダ対ガイラ」を観る機会があり、あまりの素晴らしさに感激したそうです。
円谷さんは戦前から「キングコング」を観て自分も怪獣映画を作りたいと思っていて、南の島に巨大なタコが出現するものを考えていたそうです。結局、最初に作った怪獣映画は戦後の昭和29年「ゴジラ」でした。円谷さんは昭和37年「キングコング対ゴジラ」で初めて大ダコを登場させます。これが外国で評判が良く「フラバラ」の最後に大ダコのシーンを付け足した外国版が作られました。しかし不自然な感じだったので「サンダ対ガイラ」では最初から大ダコが登場します。
654.jpg
闇夜の海を航行する一隻の漁船。
653.jpg
稲妻が走り今にも雨が降りそうです。
652.jpg
舵を取る船長。
651.jpg
激しく雷が鳴っています。
650.jpg
すると操舵室に大ダコの足が入ってきます。
649.jpg
驚く船長。
648.jpg
やはり巨大なタコです。
647.jpg
漁船に絡みつく大ダコ。
646.jpg
漁船には船長の他に4人の船員が乗っています。
645.jpg
とうとう船長が大ダコに捕まってしまいました。窓の外に見えるのは大ダコの目です。

大ダコ対怪獣 金納雅彦

644.jpg
大ダコに捕まり助けを呼ぶ船長。大ダコの目が笑っています。しかし、なぜか大ダコはすぐに去っていきます。
643.jpg
恐る恐る窓から外を見る船長。
642.jpg
すると大ダコが別の怪獣と戦っています。
641.jpg
大ダコは怪獣に絡みつきます。
640.jpg
しかし怪獣の怪力には勝てません。
639.jpg
逃げていく大ダコ。
638.jpg
大ダコから人間を救った正義の味方?
637.jpg
いや、とてもそんなふうには見えません。雨や風も強くなってきました。
636.jpg
もう助からないと絶望する船長。
635.jpg
漁船を捕まえる怪獣。
634.jpg
漁船を揺らしています。
633.jpg
人間を追い出そうとしているようです。
632.jpg
さらに大きく漁船を揺らす怪獣。
631.jpg
漁船を沈めてしまうつもりです。
630.jpg
稲妻の光で怪獣が緑色であることがわかります。
629.jpg
どうやら船長は助かったようです。

フランケンシュタインの怪獣 金納雅彦

628.jpg
三浦半島に出動した海上保安庁の巡視船。
627.jpg
ダイバーが沈んだ漁船を調べています。
625.jpg
沈んだ理由がはっきりしません。無理に海岸につけようとして沈んだ。つまり密輸をしようとしていたと疑われています。
624.jpg
船長はフランケンシュタインのような怪獣に襲われたと言っていますが信じてくれません。
622.jpg
船長は怪獣に襲われたことを思い出します。
621.jpg
船長と4人の船員は同時に海に飛び込みます。
620.jpg
必死で泳ぐ船員の後ろに怪獣がいます。
619.jpg
怪獣は凄い勢いで泳いで来ます。
618.jpg
船員たちは追いつかれそうです。
617.jpg
それにしても怪獣の怖い顔。
616.jpg
4人の船員は次々と捕まってしまいます。
615.jpg
そのすきに船長だけが逃げ延びたのです。
614.jpg
嘘をつくなら、もっと本当らしい嘘をつくと言う船長。
613.jpg
その後、海底から4人の船員の衣服が見つかります。まるで噛み砕いて吐き出したようです。海上保安官はフランケンシュタインの研究で有名なスチュアート研究所に連絡を取ります。

スチュアート研究所 金納雅彦

612.jpg
京都です。
611.jpg
ここにスチュアート研究所があります。前作の「フラバラ」では原爆の関連で広島に研究所がありました。
610.jpg
海上保安庁からの電話に所員の戸川アケミが出ます。アケミはフランケンシュタインが人間を襲うことはないと言っています。
609.jpg
スチュアート博士も同意見。フランケンシュタインが人を食べるなどありえないと話します。
608.jpg
今度は研究所に大勢の新聞記者がやって来ます。
607.jpg
スチュアート博士はフランケンシュタインは不死身なので生き返ることはあるが、海に棲んで人間を襲うことはないと言います。
606.jpg
フランケンシュタインを育てた所員の戸川アケミは当時のことを思い出します。
605.jpg
優しくしてやれば本当に素直ないい子だったと言います。
604.jpg
フランケンシュタインに話しかけるアケミ。
603.jpg
これがフランケンシュタイン。前作では変わった少年でしたが、今度は可愛い猿といった感じです。
602.jpg
牛乳の飲み方がわからないフランケンシュタイン。確かに凶暴になるとは思えません。
601.jpg
巨大化して逃げる時も別れの挨拶をしに来てくれました。アケミの話を聞いて新聞記者たちも納得したようです。

怪獣出現 金納雅彦

599.jpg
海を航行する1隻の小型漁船。
598.jpg
海面を見て驚く漁師。
597.jpg
緑色の巨大な怪獣がはっきりと見えます。
596.jpg
漁船は大きく揺れて二人の漁師が行方不明に。
595.jpg
地引網をやっています。
594.jpg
漁民総出です。
593.jpg
懸命に引っ張るのですが、なぜか引きずり戻されます。
592.jpg
なんと沖に怪獣出現。
591.jpg
慌てて逃げ惑う人々。
590.jpg
網にかかったのは怪獣でした。
589.jpg
今までの人を襲った緑色の怪獣です。
588.jpg
全ての新聞が怪獣はフランケンシュタインだと書き立てています。
587.jpg
間宮博士は怪獣がフランケンシュタインでないことを証明しようと言います。
586.jpg
結局、間宮博士は怪獣が出現した海へ、スチュアート博士とアケミは怪獣の目撃情報のある富士山へ向かいます。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
つよさゲッター
呉越の戦い
ローマ帝国宣伝マン
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運