FC2ブログ

三国志正史は作り話 金納雅彦

DVC00014_20120630112207.jpg

日本で言う魏志倭人伝は陳寿が書いた三国志正史の中にあります。陳寿は蜀の人で身内を諸葛孔明に処刑され、いろいろと不遇な目に会い長い間逆恨みをしていたようです。やがて寝返り魏を正統とした三国志正史を書くわけです。彼は賄賂好きで要求した賄賂を拒否した人を歴史書に悪く書いたりしました。そのような人が公平な立場で歴史書を書けるわけがありません。文才はあったようですが、言い換えれば作り話が旨いことになります。正史というのは国が正式に認めた歴史書という意味で正しいことが書かれているという意味ではありません。むしろその国に都合のいい嘘が書かれている可能性があります。民主主義でも共和国でもないのに、それを国名にしているのと同じです。わざわざ正史と言うのは弁解でもしているような気がします。最も信頼されている司馬遷の史記は個人で書いた歴史書で正史ではないのです。日本はかつて徐福が数千人の男女とともに行ったきり誰も戻ってこない所で恐ろしい怪物でもいるのではと思われていたはずです。そこへ陳寿のような人が長々と留まり真面目に日本の歴史を見届けたとはとても思えません。日本に来てからの記述に矛盾が多くなるのはそれを裏付けています。得意の文才で小説を書いたのでしょう。後の三国志演義の演義は演技と混同され、ただのお芝居や作り話と思われがちです。しかし日本と中国では演の意味が違い演義とは正しいことを述べるという意味になります。つまり、あまりにも三国志正史に矛盾が多いので、これが本当の三国志だということで書かれたのが三国志演義なのです。陳寿は諸葛孔明を誉めておいて最後に戦争は下手だったと書いています。信用させてから嘘をつく詐欺師の手口です。また魏が勝利した戦争は大規模に、魏が負けたり関係のない戦争は小規模に書いています。ところで最も信頼されている司馬遷の史記ですが孫子のことを少し理不尽に書いています。しかし孫子がふたりの歌姫を斬らなければ論争に負け孫子が殺されたかもしれません。ふたりの歌姫は綺麗だったのでしょうが、多くの人命人権を守る孫子の兵法が世に出るための尊い犠牲だったのです。司馬遷は孫子の500年後の人で、日本人も戦国時代を語る時いろいろ違った意見があります。司馬遷も500年前のことを正確に知るのは難しかったかもしれません。そして平和主義の司馬遷が軍神と言われる孫子をあまり誉めるのはできなかったのでしょう。伝え聞く事実を客観的に簡単に書いたのかもしれません。とにかく孫子に傾倒する私は孫子は優しい人だったと信じるのみです。また天皇孫子説を考える私は卑弥呼の話より天皇の系図を信じることにします。もしかすると三国志演義が作り話だと言われるわけは、孫子の兵法によって弱者が強者を倒す奇跡のような痛快な話が沢山あるせいかもしれません。しかし日本も孫子の兵法によって日清日露という奇跡のような戦争を体験しているのです。三国志演義は孫子の兵法の玉手箱であり信頼できる歴史書だと考えます。なお三国志演義を書いた羅貫中は元王朝を倒す月餅作戦を考えた人かもしれません。

孫子が姫を斬ったわけ 金納雅彦

DVC00012_20120524021436_20120630111150.jpg

孫子がふたりの歌姫を斬った話はこのブログでは割愛しましたが、やはり説明したいと思います。この話は司馬遷の史記や様々な本、ドラマにそれぞれ違った様に描かれています。どれが真実なのか私なりに合理的に考え書いてみることにします。呉の大臣の伍子胥は友人になった孫武つまり孫子に呉に仕官するように勧めます。孫子は国王と会うのですが論争がおきてしまいます。国王は孫子に問います。「戦争で一番大事なことは何かな?」「それは敵を知り己を知ることです」「敵を知らず己を知らない者がどこにいる。わからぬことを申すな!」こうして国王は孫子の兵法にいろいろと文句をつけます。そして最後にこう言います。「だいたい軍隊というのは兵士がみんな強ければそれでいい。それが強い軍隊なのだ」しかし孫子は反論します。「いいえ、軍隊というのは兵士がみんな強いだけではだめです。何か大きな勢いのようなものが必要なのです」国王は笑いながら言います。「それなら、か弱い女だけでも強い軍隊ができると言うのか?」「はい、できます。」「ではやって見せてくれ。もしできなかったら罰をうけることになる」「はい、わかりました」翌日、武装した二百人近い宮女たちが集められ、ふたりの歌姫が隊長に選ばれます。孫子の号令のもと訓練が始まります。しかし宮女たちは遊んでいるようにしか見えません。なぜなら宮女たちは国王の味方だからです。孫子は言います。「これは遊びではありません。命令違反は軍法にもとづき処刑します」孫子はまた訓練をはじめますが宮女たちはやはり思うように動いてくれません。とうとう隊長に選ばれたふたりの歌姫が勝手に踊り始めました。そこで孫子は言います。「そこのふたりの隊長は明らかな命令違反である。軍法にもとづき処刑する。ふたりの首を斬れ!」すると、あわてて駆け寄り国王が言います。「孫武殿、あのふたりは私が最も可愛がってる歌姫だ。今回だけは見逃してやってはくれないか」「だめです。国王は命令違反を認めるのですか。そんなことをすれば、あなたの軍隊は弱くなります。このような小国すぐに滅びてしまいますぞ」国王は天下を取る野望を持っていました。しばらく考えて処刑を認めます。ふたりの歌姫は泣き叫びながら命乞いをしますが、連れて行かれ首を斬られます。孫子は訓練を再開します。宮女たちは今度は必死に号令に従います。その気迫は見るものを圧倒しました。孫子はか弱い女だけでも強い軍隊ができることを証明したのでした。国王はいやな顔をしていましたが、数日後孫子の実力を認め軍師として迎えます。いくら兵士がみんな強くても他人の関係の烏合の衆なら総崩れしかねない弱い軍隊で、兵士が弱くてもみんなの心がひとつで助け合えば総崩れしない強い軍隊であると孫子は言うのです。ここで忘れてならないのは呉の大臣伍子胥の存在です。伍子胥がいなかったら孫子は世に出ることもなく孫子の兵法も後世に伝わらなかったかもしれません。現代でも人を正しく評価できる権力者がいてほしいものです。

孫子の兵法と経済 金納雅彦

シービュー号
昔から孫子の兵法と経済を結びつける本や話はよくあります。本当に孫子の兵法を理解すれば金持ちになれるのでしょうか。確かに己を知れ、わからないことを素直にわからないと認め合理的によくよく考えるのが孫子の兵法です。何も考えない人より、いいアイデアや発見で金持ちになる可能性はあるでしょう。しかし世の中そんなに甘くありません。ごろごろと金儲けの話がころがっているわけではないのです。運が悪ければよく考えて努力しても報われないこともあります。楽天的に理想的に考えるのではなく、あくまで合理的に現実的に考えるのが孫子の兵法なのです。お金がないというのは大変危険で怖いことです。私も経験がありますが、飢え死にしてしまいます。怖いものを怖がるのが孫子の兵法ですから、常に最悪のことを想定しよくよく考え対処しなければなりません。謙虚に最悪の事態を想定し合理的に現実的によくよく考え努力し臥薪嘗胆での逆境をのりきる。それが孫子の兵法の教訓です。そうやって生き残り合理的によく考え最善を尽くせば、やがては幸運の女神が微笑むでしょう。保障はできません。孫子の兵法を理解していた徳川家康は天下を取るのに一生臥薪嘗胆しなければなりませんでした。私もよく考えたおかげで株価が無責任な烏合の衆の集団意識で暴騰暴落することがわかりました。我々は今まで株式が何なのかよくわからないのに、わかったふりをして難しい話をしていました。株主が他人の関係の烏合の衆ではなく心をひとつにすれば株価は暴騰暴落せず高値安定する。この理屈が世に受け入れられれば、まさにそのとうりになるのです。このことを無責任な烏合の衆の傍観者意識で見て見ぬふりをすれば、後世の人々からあの頃の人間は馬鹿だったと言われるに違いありません。お年寄りに席を譲らなかったり、倒れている人を見て見ぬふりをするのも他人の関係、烏合の衆の傍観者意識のなせる技なのです。

円谷英二 金納雅彦

メーサー車
メンデルやウェ-ゲナー、ゴッホのように評価されるべき人が長い間評価されないことがあります。円谷さんもまたそのひとりでした。映画監督は成績優秀なエリートが、その芸術的センスで作るものです。しかし円谷さんはエリートではありませんでした。特撮の第一人者ではありましたが、その地位は低く何十年もの長い下積みが続きました。それでも円谷さんの演出をやりたいという気持ちは強く、どうしたらいい映画が作れるのか、合理的な研究をしていたようです。名作と駄作をどこが違うのか具体的に調べたりもしたでしょう。そして何らかの答えを出したようです。だからこそ昭和29年「ゴジラ」で本格的に演出を任されて15年間、特技監督として誰よりもコンスタントに名作映画を作り続けました。とうとう神様とまで言われ、最後は後継者作りをしていました。私も学歴社会で受験戦争を否定するようなことを書いています。とても評価されるのは難しいでしょう。かご猫のようにゆっくりとホトトギスが鳴くのを待つしかありません。とにかく長生きをしなければなりません。孫子の兵法の臥薪嘗胆です。できれば評価する人が真に合理的であってもらいたいものです。写真は円谷ファンならご存知「サンダ対ガイラ」のメーサー車、2台そろえました。そういえば円谷さんも合理的によく考え長い臥薪嘗胆をした人です。孫子の兵法を理解していたのでしょうか。円谷さんの「キングコング対ゴジラ」という映画で人間がキングコングとゴジラを戦わせ共倒れさせる計略を立てます。最初はゴジラが優勢で、だんだんとキングコングが力をつけ最後はゴジラは生きているか死んでいるかわからず、キングコングは一応勝ったということで古里に帰って行きます。まるで太平洋戦争そのものです。円谷さんは中国が日本とアメリカを戦わせ共倒れさせるために日中戦争を始めたことをわかっていたかもしれません。二虎競食という計略です。しかし円谷さんが軍部に忠告しても相手にされず下手をするとスパイあつかいされたでしょう。

忠臣蔵とサッカー 金納雅彦


所さんの目が点というテレビ番組で忠臣蔵の話をしていたのですが、大人と子供に分かれ剣道の試合をしていました。両方とも10人位で頭の風船をわった方が勝ちです。一回目は当然のように圧倒的に大人の勝ちでした。そこで子供たちにある秘策を伝えます。すると二回目は何と圧倒的に子供が勝ってしまいました。この秘策は一向二裏と言われ、敵ひとりを3人で取り囲み、ひとりが前から残りのふたりが後ろから同時に攻撃するという卑怯と言えば卑怯、合理的と言えば合理的まさに孫子の兵法そのものなのです。確かに忠臣蔵の映画やドラマで三人一組というセリフがよく出てきます。そういえば忠臣蔵で山鹿流陣太鼓が出てきますが、山鹿流というのは孫子の兵法と大きな関係があるそうです。長い間、臥薪嘗胆をして敵を油断させ時が来たら攻め込むというのは、やはり孫子の兵法からくるものです。赤穂浪士は老人や子供が多く強い集団とは言えませんでした。そこで一向二裏や完全武装が必要だったのです。赤穂浪士の一方的な勝利は孫子の兵法のおかげなのです。サッカーの日韓共催ワールドカップで韓国は4位になりました。この時韓国は一向二裏をやっていたようです。敵がボールを持つと必ず数人で取り囲み、味方がボールを持つと必ず数人で守っていました。これで敵のパスを不正確にし味方のパスを正確にすることができます。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運