FC2ブログ

著作権は弱者の味方。強者の味方ではありません。

DVC00012_20120524021436.jpg
本来、著作権や発明の権利は弱者保護のためにあるもので、強者が独占するためのものではありません。それをはっきり理解していないと、正しい権利が守られなかったり、不当な権利が守られたりします。いいアイデアというのは優秀な能力がなくても、考えようという意志さえあれば、誰でもひらめく可能性があります。そういう人たちの権利を守らなければなりません。しかし著作権や発明の権利はいつまでも守られすぎると強者の独占になってしまいます。そして、いいアイデアが誰にも伝わらず人類の文化や発展が阻害されてしまいます。
円谷さんも秘密主義をやめて、みんなでいいアイデアを出し合い、いい映画を作って行こうという考え方だったようです。円谷さんの映画で「秘密はよくない」「公開すべきだ」というセリフがあります。金銭目的でもないのに絵を描くことも許されないキャラクターがありますが、私はそういうものを可愛いとは思えません。
私は孫子に傾倒しているので、孔子には異論があります。しかし孔子が言った「過ぎたるは及ばざるが如し」には賛成です。同じく「自分のいやなことを人にするな」というのも賛成ですが、「人のいやがることをするな」と言ったほうが簡単だし正確です。孔子はできるだけ難しく立派に美しく、孫子はできるだけ簡単に合理的に現実的にというところがあるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運