FC2ブログ

松下村塾「孫子評註」 金納雅彦

201111181606438f7_20121110000745.jpg
明治政府が臥薪嘗胆という言葉を使ったことで、吉田松陰が明治の元勲たちに孫子の兵法を教えていたのはわかっていましたが、ネットで調べてみると吉田松陰には孫子の兵法を解説した著作がありました。「孫子評註」です。
吉田松陰が孟子を教えたという話がありますが、本当は松下村塾では「孫子評註」をもとに孫子の兵法を教えていたのです。
孫子の兵法で最も大事なことは「敵を知り己を知れ」です。つまり身の程を知り、いいものは何でも見習い真似をしろということです。そのため松下村塾では一方的に先生が塾生に教えるのではなく、お互いに議論し合い教え合っていたようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
つよさゲッター
呉越の戦い
ローマ帝国宣伝マン
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運