FC2ブログ

吉田松陰は侵略主義者? 金納雅彦

DVC00007_20121112002140.jpg
確かに、吉田松陰は松下村塾で日本もアジアの各地に植民地を持つべきだと主張したのは事実だと思います。
しかし、欧米列強の侵略に対抗して仕方なくということです。日露戦争に勝利して、欧米列強の侵略の脅威が遠のいた状態で、まだ植民地を作れと吉田松陰は言わなかったでしょう。
孫子の兵法の「己を知れ」とは身の程を知れ、怖いものを怖がれということです。自ら好んで敵を作ったり恨みを買ったりしてはいけません。孫子に傾倒していた武田信玄も「情けは味方、仇は敵」と言っています。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> お尋ね頂有難う御座います。
> 私、低能なので難しい事は理解できませんが、籠猫画像が・・・・(^O^)
> 今後とも宜しくお願い致します。


私もストレス病のため低能です。しかし、低能のほうが孫子の兵法を
理解しやすいのです。
あまり難しく孫子の兵法を考える人は、孫子の兵法を理解してるとは
言えないでしょう。訪問有難うございます。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運