FC2ブログ

チキロの救出 金納雅彦

見ましたか。ダイオオイカ。最大で18メートルですから、今度のはその半分もないようです。しかし、1メートルもある餌に絡みつく姿は迫力があります。もっと大きなものが現れたら、あんな小さな潜水艇では引きずり込まれてしまいます。やはりシービュー号のような大きなものが必要ではないでしょうか。安倍さん、お願いします。
DVC00732.jpg
南の島に大ダコが現れるという構想は、円谷さんが戦前から持っていたそうです。長い臥薪嘗胆の末、昭和37年の「キングコング対ゴジラ」でようやく実を結びます。
DVC00731.jpg
大ダコに銃を撃つ桜井。
DVC00730.jpg
しかし、あまり効果はないようです。
DVC00729.jpg
それにしても大きなタコです。全長30メートル、体重600トンだそうです。
DVC00728.jpg
桜井はコンノが持ってきた発炎筒を大ダコに投げます。
DVC00727.jpg
しかし、炎が小さすぎてたこ焼きにはなりません。
DVC00726.jpg
島民が投げる槍もなかなか刺さりません。
DVC00725.jpg
この発炎筒は発煙筒ではありません。フレアーとも言うようです。
DVC00724.jpg
大ダコは火を恐れることもないようです。
DVC00723.jpg
それでも発炎筒を投げ続ける桜井。
DVC00722.jpg
やはり、たこ焼きにするのは無理です。
DVC00721.jpg
槍も、やはり刺さりません。
DVC00720.jpg
大ダコが乗っている壊れた小屋の中で、チキロとチキロの母がまだ耐えています。
DVC00719.jpg
なかなかどいてくれない大ダコ。
DVC00718.jpg
そこへ病気の古江がやって来ます。「多胡部長かと思ったら本物のタコか」と驚いています。
DVC00717.jpg
するとチキロとチキロの母が自力で大ダコの下から脱出します。
DVC00716.jpg
ふたりを助ける島民たち。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
つよさゲッター
呉越の戦い
ローマ帝国宣伝マン
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運