FC2ブログ

己を知れ 金納雅彦

赤城なぜ沈む
孫子は呉の国王に何が一番大事かと聞かれ「それは敵を知り己を知ることです。」と答えました。特に己を知れ、つまり身の程を知れ、怖いものを怖がれというのは孫子の兵法の根幹と言えるものです。臆病者と言われそうですが、そうではありません。大木は大風で倒れることがありますが、弱弱しい柳の木はしなるためどんなに風が吹いても倒れません。どんなに強くても何も怖がらなければ大木のように倒れてしまい、弱くても怖いものを怖がれば柳の木のように生き残ることができるのです。宮本武蔵は姫路城天守閣で孫子を読み怖いもの知らずは本当の強さではないと悟ったそうです。徳川家康も三方ヶ原の戦いで無謀な突撃をやり散々な目に会いました。そして怖いものを怖がらなかったことを恥じ自分のみっともない絵を描かせました。戦略で優れていても怖いものを怖がらなければ長続きはしません。織田信長や豊臣秀吉、西洋ではナポレオンがその例です。押さば引き引かば押す、怖いものを怖がり怖くないものを怖がらない、これが本当の強さなのです。ただ何も怖がらなければ強くなることは事実です。これは後の背水の陣で説明します。写真は無敵の空母赤城です。なぜ沈んだのでしょう。挟み撃ちの計略を怖がらなかったからです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

ベーシックインカムやパンとサーカスそして元老院制度の実現を願っています。

ベーシックインカムやパンとサーカスを実現しよう 論より証拠やってみよう
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
ツイッターやってます
インスタグラムもやってます
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運