FC2ブログ

受験戦争否定論 金納雅彦

DVC00012_20120524021436_20130322220951.jpg
一時期の学力によって、その人の一生を評価する受験戦争に私は反対です。
私は学校の成績の上がり下がりが激しかった経験があります。そして、その成績は私の努力と正比例しませんでした。さらに、度を越した努力によってストレスの病気になってしまいました。
学力とは何なのか。どうすれば上がり、どうすれば下がるのか解明もせず、ひたすら勉強を頑張るのは猪突猛進のファシズムと同じ馬鹿の骨頂なのです。
福沢諭吉は封建制度を否定するために「学問のすすめ」で勉強を頑張るように書いてしまいました。しかし、吉田松陰は違います。学才のない伊藤博文を、僕すこぶるこれを愛すとまで書いています。頭の良さというのは学力や記憶力だけでなく、その人の考え方や性格も含むのではないでしょうか。学力のあるエリートに欠如しがちな謙虚さや常識をくつがえすような大胆さも頭の良さの重要な要素です。
憶えることに専念する優秀な学者は考えることが不得意だということは、三国志の時代から言われていることです。いまだに、それを理解しない人類はまさに馬鹿の骨頂なのです。
西洋文明とともに全ての人が学者を目指す受験戦争が流行したようです。しかし、西洋文明を発展させた造船技術、航海術、武器の開発、フランス革命、産業革命などは決して優秀な学者によって成し遂げられたものではありません。それを優秀な学者がやったものだと勘違いし、科挙と同じ記憶力を競うだけの受験戦争が流行したのです。
明治の元勲たちは受験に勝ち残った優秀な学者ではありません。手品師や円谷さんのような技術者のように考えることに専念する戦略家なのです。それに比べ昭和の政治家や軍人は大学や兵学校を主席で卒業したような優秀な学者たちです。彼らは大きな間違いを何度も繰り返し、日本を破滅に導きます。
優秀な学者は、必要以上に多くの知識で難しく考えたり、難しく説明したりします。これは詭弁のもとであり、間違った思想、科学などを生む元凶なのです。
孫子の兵法は合理的に簡潔に考えることを重要視します。孫子を理解しない人を私は頭がいいとは認めません。
記憶力を競うだけの学問は競技としてのみ、その存在を許されるのです。優秀な学者の馬謖に重要な仕事を任せてはいけません。

コメントの投稿

非公開コメント

同感です。

受験戦争は一律の知識を見に付けているかどうかを判断するものなので、その人の才能を見るものではありません・・

義務教育(そういう形が残るかわかりませんが)を身につけたら、得意なことを追究することができるようにさせてあげるのが良いと思います。

Re: 同感です。

> 受験戦争は一律の知識を見に付けているかどうかを判断するものなので、その人の才能を見るものではありません・・
>
> 義務教育(そういう形が残るかわかりませんが)を身につけたら、得意なことを追究することができるようにさせてあげるのが良いと思います。


ご理解有難うございます。
能力に応じてではなく、能力にかかわらず誰でも学問ができるようにすべきだと思います。
実用新案のアイデアのように誰がどんな素晴らしいアイデアを持っているか、わからないのですから。
学力、記憶力は必要なだけあればいいと思います。

No title

何時もご高見拝聴しております。!
日教組教育は時代的に、有る程度は仕方がないと思います。問題は知識のつめこみが教育の本質から乖離していると思います。智恵を育てる、又人間性を大事にする教育が必要に思いますねー。
最高学府に値する人間を育てなければ社会貢献はおぼつかないものと思います。医者や、弁護士が悪い事をするようでは教育がどこか間違っているものと思います。昔の、大学区制度と、6・3・3制度の改正を期待します。!

Re: No title

> 何時もご高見拝聴しております。!
> 日教組教育は時代的に、有る程度は仕方がないと思います。問題は知識のつめこみが教育の本質から乖離していると思います。智恵を育てる、又人間性を大事にする教育が必要に思いますねー。
> 最高学府に値する人間を育てなければ社会貢献はおぼつかないものと思います。医者や、弁護士が悪い事をするようでは教育がどこか間違っているものと思います。昔の、大学区制度と、6・3・3制度の改正を期待します。!


ご意見有難うございます。
私も今の教育制度を大幅に変える必要はないと思います。
ただ記憶力や知能指数が優れている人を過大評価するのは非常に危険だということです。
同じ頭を使うからと言って憶えると考えるは全く別のことだと認識してほしいものです。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運