FC2ブログ

空城の計 金納雅彦


だいぶ孫子の兵法から脱線し愚痴を言いましたが、戦争では計略を立て敵をだまし、外交では信頼を勝ち取り仲間をふやすのが孫子の兵法です。戦争において明治政府は常に計略を考え敵の計略を恐れました。しかし昭和の日本は計略は姑息で臆病者の考えることだと、あまり計略を立てず敵の計略も恐れませんでした。したがって中国の計略にかかり、そしてアメリカの計略にかかり、勝てる戦いを負ける戦いにしてしまいました。計略の基本は、奇襲、待ち伏せ、挟み撃ちですが、他にも負けたふりをして敵を罠に誘い込んだり、臆病なふりをしていきなり襲い掛かったり、敵の武将に手紙を送り仲間割れをさせたり、寝返りを誘ったり、発明の力で有利な状況にしたりと手品の数だけ計略もあるのかもしれません。こういう恐ろしい計略が多くあるため、それを逆手にとり空城の計が成立します。三国志では諸葛孔明、日本では徳川家康が武田信玄相手にやりました。敵が攻めてきたとき、どうぞ入って下さいと城門を開く計略です。凡人はうまい話があると、すぐとびつき財産をだまし取られたりします。だから名軍師は、うまい話があると何かの罠ではないかと恐れるものなのです。はったりの可能性もありますが、もし罠にかかったら、いい笑いものです。武田信玄も実際怖かったはずです。せっかくの勝ち戦で一か八かの賭けはしてはならないのです。信玄でなかったら城に攻め込み家康の首を取ったでしょうが、そのように敵の計略を怖がらない者はとうからず敵の計略にかかり滅びてしまうのです。すべての人が孫子の兵法を理解すれば戦争は非常に危険な賭けでしかありません。やはり外交で相手が感動するようなことをやり、城を攻めず心を攻め平和共存を確立する。これが孫子の兵法でいう真の勝利なのでしょう。

      

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

ベーシックインカムやパンとサーカスそして元老院制度の実現を願っています。

ベーシックインカムやパンとサーカスを実現しよう 論より証拠やってみよう
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
ツイッターやってます
インスタグラムもやってます
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運