FC2ブログ

三国志Ⅳ 金納雅彦


三国志Ⅳは私が最初にはまったシミュレーションゲームです。このゲームをやりながら三国志の歴史を学んだようなものです。いろんなイベントが出てきて歴史が学べるのです。このゲームも比較的わかりやすく、孫子の兵法どうりに合理的に考え、いいアイデアが出ればそれなりの結果が出ます。孫子の兵法は弱者の味方なので、弱小君主から始めるのが醍醐味です。悲惨な結果になることもありますが、よく考えうまく切り抜ければ痛快です。三国志Ⅳはスーパーファミコンから出てますが速度が遅く大変です。やはりセガサターンの三国志Ⅳパワーアップキットが最高です。プレイステイションからも出てますが音楽がカットされていたり雑なところがあります。三国志Ⅳの音楽は素晴らしく、ゴジラ、大魔神の伊福部音楽の次に好きです。三国志Ⅳパワーアップキットは自分を君主して好きなアイドルを部下にもできます。全くの絶体絶命から始めることもでき知恵の出しどころです。孫子の兵法の「敵を知り己を知れ」「戦わずして勝て」を原則に怖いものを怖がり怖くないものを怖がらず、様々な知恵でのりきるのです。三国志Ⅳは大戦略と同じく合理的にできていて考える力が反映できるゲームです。やたらと難しかったり、運まかせのゲームとはわけが違います。平和な時ほど思わぬ危険があるものです。何がどうなるのかシミュレーションして対策を考えなければなりません。なりゆきで生きているとひどい目に合います。まして戦争では常に人命がかかっているのですから、徹底的にシミュレーションをやり計略を立て思考しなければなりません。明治政府はあらゆる危険を考えシミュレーションをしていましたが、昭和になると非常に楽天的で、いいかげんなシミュレーションをやっていたようです。写真は三国志ⅣのBGM集です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
つよさゲッター
呉越の戦い
ローマ帝国宣伝マン
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運