FC2ブログ

睡眠薬は大衆のアヘン 金納雅彦

9784434117169.jpg
イギリスでは、ベンゾジアゼピンつまり医師が処方するほとんどの睡眠薬は大衆のアヘンと言われています。ヘロインよりも依存性があり、ヘロインの禁断症状が1週間程で終わるのに、ベンゾジアゼピン通称ベンゾの禁断症状は何年も続くことがあります。睡眠薬の禁断症状は自殺を引き起こすほど強烈なので、一般的には離脱症状呼ばれますが、ここでは禁断症状と呼ぶことにします。

イギリスのキャメロン前首相は「このベンゾジアゼピン処方依存の問題は深刻である。ベンゾジアゼピンの依存に苦しむ人は、通常の薬物中毒者とは異なり、医師が繰り返し処方する安定剤で中毒になってしまったのだ」と演説しました。

日本では、600万人以上に睡眠薬が処方されます。抗不安薬、抗精神病薬等にもベンゾは含まれており、もっと多くの人がベンゾを処方されています。そのうち半数の人に禁断症状が起こり、苦しみに耐えられず自殺をする人、働けなくなり飢え死にする人、禁断症状そのもので病死する人などを合わせると、その死亡者数は年間何万人どころか何十万人になる恐れがあります。禁断症状が起こらない人も常用により耐性がついてしまうと重度の不眠症に苦しむことになります。

まさにベンゾジアゼピンは、我々が何十年も抱えてきた世界最大史上最大の薬害問題なのです。

睡眠薬によって死亡する人は、変死になったり他の病気や原因にされたりするので、なかなか表に出てきません。今は睡眠薬によって死亡したとわかっているエルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンも初めは他の病気や原因が噂されました。こういう情報はなぜか日本には入ってきません。大きな圧力でもあるのでしょうか。日本でも睡眠薬によって死亡したと思われる有名人は多いのです。よく睡眠薬と酒の併用はいけないと言いますが、成人で酒を飲まない人は少ないので、睡眠薬を守ろうとする人の言い訳のような気もします。

ベンゾケースジャパンをネットで検索して下さい。そこにはベンゾジアゼピンに関する驚くべき真実が書かれています。これを書いたのは、ニュージーランド人のウェイン・ダグラスさんです。彼は日本でベンゾによって、ひどい仕打ちに会いながらも、日本のベンゾに苦しむ人々、つまりベンゾ難民を救おうと尽力されています。最新の西洋事情を知らされず、世界から取り残され落とし穴に落ちてしまった最低最悪のベンゾ後進国日本を助けようとしているのです。

どこの国でもベンゾによる利益を守ろうとする製薬会社や医療関係者の圧力がありました。ベンゾケースジャパンにはアインシュタインの言葉が載っています。「世界を破壊するのは邪悪な者達ではなく、何もせず彼らを見守る者達だ」無理なことをしろとは言いませんが、できることを見つけてやって下さい。

孫子の兵法の「敵を知り己を知れ」イギリスは敵ではありませんが、全てを知った上で行動しなければ、日本は井の中の蛙になってしまいます。

日本の政府もイギリスに見習い英断を下す絶好の機会です。野党も与党を追及する千載一遇の機会なのです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運