FC2ブログ

ベーシックインカムは十分可能 金納雅彦

2009032F172F032Fc0150803_22594232.jpg
もし日本で流通する貨幣の量をいきなり2倍にしたらどうなるのでしょう。おそらく何の問題も起きないと思います。何か起きるとしたら景気が良くなります。

人間はそう簡単にお金が嫌いになることはないのです。それは日本軍とドイツ軍が偽札を作ることで証明してくれました。

日本軍とドイツ軍は敵国の経済を第一次大戦後のドイツのように破綻させようと、大量の偽札を作り流通させました。

ところが敵国の経済は破綻するどころか景気が良くなり、その軍事費を上げてしまったのです。敵国の貨幣価値が下がることはありませんでした。

極端に貨幣価値が下がり物価が上がるハイパーインフレは、国が滅びそうになったり信用を失ったりすると起きることがあります。

しかし第一次大戦後のドイツは理不尽で莫大な賠償金を支払うために貨幣の量を増やすことで起きました。どのくらい増やしたのかというと、最初の一年間で17倍だそうです。

さすがに信用は失われ貨幣価値は下がり物価は上がります。これを何とかしようとさらに貨幣の量は増やされ、そのため貨幣価値が下がるという悪循環に陥り、結局貨幣の量は元の43億倍になってしまいます。
mig_201807201214332ef.jpg 
ちょっとした買い物をするのに札束を運ぶリヤカーが必要だったのです。道端に札束がゴロゴロしていたのかもしれません。

日本軍もドイツ軍も敵国の経済を破綻させようとして偽札を作ったので、相当な量の偽札が流通したものと思われます。

しかし、あからさまに流通させようとすると見つかって没収されてしまいます。隠れて流通させる必要があったのですが、そのようなやり方では限界があります。流通する貨幣の量を2倍にすることもできなかったのかもしれません。

というわけでベーシックインカムの財源を作るのは簡単です。とは言っても無制限に貨幣の量を増やしてはいけません。納得できる理由と限度を守らなければいけません。信用を失ってはいけないのです。

念のためお金を粗末にしたら罰することにすればより安心できるかもしれません。

怖いものは怖がらなければなりませんが、怖くないものを怖がってはいけません。怖いか怖くないかは熟考が必要なのです。

中世に起こったルネッサンスは、西洋人が自らを蛮族ゲルマン人であることを謙虚に認めた上で、ギリシャ・ローマ時代の優れた文化や芸術を復興させようとしたものです。

近年起こっているベーシックインカムの論争も、人類が最も幸福だった時代といわれるローマ帝国のパンとサーカスが念頭にあることは間違いありません。

パンとサーカスつまりベーシックインカムは全国民の生命と生活を保障します。ブラック企業がなくなるので働く人は楽をして儲かり、働かない人は自由に活動ができるので高度な文明を持つことになります。

さらに貧困による犯罪がなくなり、自由に結婚ができます。現在も結婚は自由だと言われそうですが、現在の日本は生命と生活が保障されないため、愛し合っていても経済的理由で簡単に結婚はできません。

しかし生命と生活が保障されているローマ帝国では愛し合っていれば迷うことなく結婚できたのです。ローマ帝国に少子化の問題はありませんでした。

ローマ帝国が滅びるとローマ人はパンとサーカスがなくなりゲルマン人と同じ自給自足の原始生活になってしまいます。天国から地獄へ落ちたローマ人は希望を失い少子化という平和的滅亡を選ぶのです。少子化の進む日本も二の舞かもしれません。

とにかくメリットだらけのベーシックインカムなのです。

蜀犬日に吠ゆと言います。蜀の国は雨や霧が多く、たまに太陽が出ると見慣れない怪しいものだと犬が吠えてしまうということです。

我々もせっかくローマ帝国が残してくれた宝物パンとサーカスそしてベーシックインカムを見慣れない怪しいものだと警戒し恐れているのです。
que-14152725889.jpg 
怪しく見えても実は神様かもしれません。全てを疑い全ての可能性を認め、よくよく考えなければなりません。何も疑わないというのは何も考えないということなのです。

もちろん人間のやることですから、それで出た答えが正しいとは限りません。可能で危険でない限り実際に試してみて、その結果を謙虚に受け止め、さらに熟考しなければならないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

ベーシックインカム

>とにかくメリットだらけのベーシックインカムなのです。

〇記事、拝見しました。
 ベーシックインカム、実験的にやってみる価値がありそうな感じになりました。
 草々

Re: ベーシックインカム

> >とにかくメリットだらけのベーシックインカムなのです。
>
> 〇記事、拝見しました。



パンとサーカスそしてベーシックインカムは違いがあるようですが、
餓死者や自殺者を絶対出さない社会にしたいですね。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運