FC2ブログ

忠臣蔵とサッカー 金納雅彦


所さんの目が点というテレビ番組で忠臣蔵の話をしていたのですが、大人と子供に分かれ剣道の試合をしていました。両方とも10人位で頭の風船をわった方が勝ちです。一回目は当然のように圧倒的に大人の勝ちでした。そこで子供たちにある秘策を伝えます。すると二回目は何と圧倒的に子供が勝ってしまいました。この秘策は一向二裏と言われ、敵ひとりを3人で取り囲み、ひとりが前から残りのふたりが後ろから同時に攻撃するという卑怯と言えば卑怯、合理的と言えば合理的まさに孫子の兵法そのものなのです。確かに忠臣蔵の映画やドラマで三人一組というセリフがよく出てきます。そういえば忠臣蔵で山鹿流陣太鼓が出てきますが、山鹿流というのは孫子の兵法と大きな関係があるそうです。長い間、臥薪嘗胆をして敵を油断させ時が来たら攻め込むというのは、やはり孫子の兵法からくるものです。赤穂浪士は老人や子供が多く強い集団とは言えませんでした。そこで一向二裏や完全武装が必要だったのです。赤穂浪士の一方的な勝利は孫子の兵法のおかげなのです。サッカーの日韓共催ワールドカップで韓国は4位になりました。この時韓国は一向二裏をやっていたようです。敵がボールを持つと必ず数人で取り囲み、味方がボールを持つと必ず数人で守っていました。これで敵のパスを不正確にし味方のパスを正確にすることができます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

ベーシックインカムやパンとサーカスそして元老院制度の実現を願っています。

ベーシックインカムやパンとサーカスを実現しよう 論より証拠やってみよう
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
ツイッターやってます
インスタグラムもやってます
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運