FC2ブログ

メーサー殺獣光線車 金納雅彦

画像 016
前も紹介したメーサー殺獣光線車、略してメーサー車「サンダ対ガイラ」に登場したこの超科学兵器は、恐ろしい人食い怪獣ガイラに立ち向かうたのもしい存在です。光線発射シーンは見る者を圧倒してしまいます。映画を観なければ、その迫力はわかりません。私が小学生の時の映画なのですが、父兄同伴でないといけないため唯一観れなかった怪獣映画です。当時はウルトラQやウルトラマンが放映されました。大怪獣ブームのため多くの小学生がこの映画を観に行きました。しかし人を食べるガイラのあまりの恐ろしさに泣き出す子供が続出したそうです。でもこの映画の品の良さのせいか問題にはならなかったようです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 このメーサー光線車、当初の脚本には登場しておらず、本多監督が特撮シーンの見せ場を作る為に登場させたそうですね。
 これって大いに正解でしたよね。この魅力的なスーパーメカの登場が無かったら、サンガイって他にスター怪獣とかの売り要素の無い、只の地味で不気味なだけの怪獣映画、誰も見ないような不人気作に終わっていたでしょうね。

Re: No title

>  このメーサー光線車、当初の脚本には登場しておらず、本多監督が特撮シーンの見せ場を作る為に登場させたそうですね。


確かにメーサー車が主役を食っていたかもしれません。メーサー車は「怪獣大戦争」のAサイクル光線車を改造したものですが、円谷さんもデザインに関わったそうです。
プロフィール

呉越の戦い

Author:呉越の戦い
金納雅彦 1958年2月20日福岡県に生まれる。中学生時代に無理な勉強をしてストレス病になり、いまだに治りません。しかし様々な経験から合理的に考えることの重大さを知ります。そして明治政府が孫子の兵法に大きく関係していることを発見します。以後、孫子に傾倒し研究を続けています。

「弱者の味方 孫子の兵法 」 簡単でよくわかる
最新記事
Translation(自動翻訳)
ナイト2000

きんのうまさひこきんのうまさひこ

カテゴリ 古い順
つよさゲッター
呉越の戦い
ローマ帝国宣伝マン
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
メッセージ1
メッセージ2
本日の残り時間
消す?
消す?

終わる時は更新ボタンを押してください。
※JavaScriptをONにしないと利用できません。

リンク
カウンター
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
キラキラ星2
UFOを見たら幸運